姓名判断も参考に。9画や10画などの凶数は避けよう

赤ちゃんが生まれることは、親にとってはとても幸せなことであり、その子が一生背負って生きていくことになる名前についても良い名前を付けたいと思うものでしょう。子供の命名を考える際には、姓名判断を参考にしてみると良いですね。名前によって子供の運気が変わることもあるので、慎重に調べましょう。特に、逆境や障害、不遇を招きがちな凶数である9画や10画は避けて名づけることが大切です。凶数とされている数はほかにも、2や4があります。こうした凶数にはきを付けて命名を考えましょう。

子供が幸せになるのはどんな名前?

子供が幸せになるには、人が集まってきたり異性との関係がうまくいったり、健康でお金にも困らなければ安心ですよね。そうすると、姓名判断では人気運とされる15画、頭領運の21画、良妻賢母になれるとされる24画などが特に吉運の画数といえるでしょう。例えば昔多かった「智子」は15画であり、人望が厚い一生が送れる名前といえます。男の子の場合なら、21画の「勝彦」などは、リーダー格になれる名前です。このように、運気の良い名前を付けてあげることも親としてできることのひとつですね。

読みやすく、縁起の良い漢字を使おう

命名する際に、あまりにも難しい漢字や読み方の名前を付けると、子供もいろいろなシーンで苦労するものです。名前の字を説明するのに時間がかかったり、きちんと読んでもらえなかったりするので、できるだけ名前は読みやすく親しみやすいものにすることが大切といえるでしょう。また縁起の良い漢字を使うことも意識しましょう。例えば「れいこ」と命名したい場合でも、「冷子」と書くよりも「礼子」にするほうが文字的にずっと良いですよね。「麗子」も華やかですが、22画で凶数になってしまうので、礼子のほうが良いでしょう。このように、同じ読みでも縁起が良くて画数も良い字を選んで命名するようにしましょう。

姓名判断は占いのひとつの方法で多くの女性に人気があります。画数などで判断するため分かりやすいことが特徴です。